HOME > 対応症状一覧 > 骨盤矯正

対応症状一覧

骨盤矯正

産後の骨盤矯正

産後3週間ほどは、胎盤が安定していないため、安静にすることが基本ですが
逆に長時間放っておくと、出産で広がった(歪み)骨盤が元に戻りにくくなってしまいます
そのため産後1~2か月までに施術を受けるのが最適です

骨盤の広がり(歪み)を放っておくと、痛みが出ることが多いです
また姿勢が悪くなることで、特に太ももの外側とお尻など太りやすくなることもあります

2人目を産むにも、1人目の産後の後に骨盤をきちんとケアしたほうが良いとされています

健康のためにも、産後太り予防のためにも、骨盤矯正はとても重要なことです
産後数か月は骨盤矯正に通いつつ、骨盤ベルトを着用することをおすすめしています

当院の骨盤矯正は、ボキボキが嫌な方には
三角ブロック、アクティベーターを使う
無痛矯正も取り入れています

 body_karada_yugami[1].png20130808172556[1].png1505795745174.jpg

このページのトップへ